腎臓病は食事の内容が重要になってくる病気

女医

初期症状に気づくのが重要

和食

むくみと尿の回数に注意

腎臓病は自覚症状があまりないので、気がついた時には病状が進行していることが多いのです。悪化させないためには初期症状を見逃さない工夫が必要です。日常的にストレスの多い仕事をしている人や、外食やジャンクフードをたくさん食べている人は特に注意が必要です。腎臓病の主な初期症状は、むくみと尿の異変です。いつもはめている指輪が急にはまらなくなった時はむくみが出ている可能性があります。また夜中に何度もトイレに起きるようになった時にも要注意です。このような時は早めに病院で診察を受けるべきです。また腎臓病を予防するには食生活にも工夫が必要です。塩分を控えるために料理の味付けを薄くして、野菜を多く食べるようにすると効果があります。

病食用の宅配弁当が人気

腎臓病になってしまったら主に薬物療法が行われますが、それと共に食事療法と運動療法も行われます。初期の段階で発見された場合は、それ以上腎臓の機能を低下させないことが大事です。そのためには食事療法を徹底することです。特に塩分制限とタンパク質の摂取制限は重要です。入院している場合は管理栄養士が腎臓病のための食事を用意してくれますが、家庭で療養する場合は食事の管理が大変になります。そのような時には宅配弁当を利用すると便利です。最近は腎臓病食の宅配弁当があるので、それを利用すると主婦の負担が軽減されます。腎臓病食の宅配弁当は管理栄養士が監修しているので安心して食べることができるので、主婦にはとても人気があります。

腎臓病患者の食事

老夫婦

腎臓病における食事療法は、塩分、カリウム、たんぱく質の接種制限が必要です。しかし、これらの栄養管理は非常に難しいので、レトルトやお弁当形式の腎臓病食を上手に利用することを考えましょう。そうすることで、介護の負担を大幅に減らすことができます。

View Detail

治療への希望

医者

腎臓病の進行を遅らせるには、食事内容の改善が有効です。改善を望むのであれば、長い目で見て根気よく身構える決意が重要となります。食品の嗜好性は年々強まり、腎臓病を患う人は増加するという予測です。腎臓病食の宅配事業も広まってきているので、治療しやすい環境になる事も期待できます。

View Detail

負担を減らす食事療法

家族

すでに腎臓病を発症している方も、諦めてはいけません。病気を進行させないためにも、日頃の食事から改善していきましょう。まずは塩分を極力少なくし、体に摂り入れるエネルギーの量もコントロールしましょう。

View Detail